ニキビ予防に有効な日常生活の過ごし方

体の外側から予防する方法

ニキビが出来る原因は、毛穴に皮脂が溜まることにあります。毛穴に皮脂が溜まると、そこにアクネ菌というニキビを作り出す菌が増殖してしまうのです。皮脂がどうして溜まるのかというと、肌が乾燥してその乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されてしまうことが原因です。そのため、ニキビを予防するためには肌が乾燥しないようにきちんと保湿をすることが大切なのです。
また、肌を保湿すると肌のターンオーバーも正常に行われます。ターンオーバーとは、肌の古い角質を落とすことです。古い角質が溜まると毛穴が小さくなって皮脂が詰まりやすくなります。保湿をするということは、皮脂を過剰に分泌させないためにも、毛穴に皮脂が詰まらないようにするためにも大切です。

体の内側からもケアをしよう

ニキビが出来る原因は、皮脂の過剰分泌です。肌の乾燥だけではなく、不規則な食生活も原因となります。油っこいジャンクフードや、砂糖たっぷりの甘いお菓子をたくさん食べる人は要注意です。油や砂糖などを消費するときに、ビタミンがたくさん使われます。ビタミン類は、肌のバリア機能を維持するためには必要不可欠な成分です。肌のターンオーバーを促したり、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐ役割があるためです。
したがって、油っこいジャンクフードや甘いお菓子をたくさん食べる人は、まずはそれらの食品を控えることから始めましょう。そして、ビタミンがたくさん含まれている野菜やフルーツを多く食べるようにしてください。また、卵や赤身の豚肉、青魚などにもビタミンは豊富に含まれているため、バランスよく食べることがニキビの予防につながります。